契約書文例書式集(金銭消費貸借・担保・保証・贈与・譲渡)・モデル文例・書き方・雛形(ひな形)・テンプレート
>>TOP
>>総合目次
>>金銭借用書(5)(遅延損害金についても約束するケース)
金銭貸借・担保・保証に関する契約書・雛形・文例・書式・書き方・テンプレート・借用書・覚書・合意書

TOP
総合目次
Link



「金銭借用書(5)(遅延損害金についても約束するケース)」の文例
このページは、金銭貸借に関する契約書「金銭借用書(5)(遅延損害金についても約束するケース)」の書き方・文例・書式・雛形(ひな形、ひな型)・テンプレート・フォーマットを提供しています。
金 銭 借 用 書

(貸主)
  住所 ○○県○○市○○町○○丁目○○番○○号
  氏名 ○○○○   殿

借用金 金○○○○円也
(但し、利息は元金に対し年○○割○○分の割合とする。)

本日、私は貴殿より、上記の金額を借り受けました。

つきましては、利息については毎月○○日限り、元金については平成○○年○○月○○日限りお支払いすることを、ここにお約束いたします。

尚、元金を上記期限に支払わないときには、日歩○○銭の割合の遅延損害金をお支払いすることを、重ねてお約束いたします。

上記を証するため、本書を差し入れます。

平成○○年○○月○○日

  借主
   ○○県○○市○○町○○丁目○○番○○号   ○○○○ 



契約書書式「金銭借用書(5)(遅延損害金についても約束するケース)」について
このページは、金銭貸借に関する契約書「金銭借用書(5)(遅延損害金についても約束するケース)」の書き方・文例・書式・テンプレート・サンプルを提供しています。

金銭貸借に関する契約書について
金銭消費貸借契約とは
金銭消費貸借契約は、貸主が借主に金銭を貸し、借主が貸主にその返済を約束する契約です。
そのため、契約書に次の事項を定めます。
・貸し付け条件(貸付金額・利息・遅延損害金等)
・弁済期日(返済期日)
・返済方法
・保証人(連帯保証人)

準消費貸借契約とは
準消費貸借契約とは、既に発生している債務(既に、金銭の貸し借りがなされている)を、貸主と借主との合意により金銭消費貸借を目的とし契約することをいいます。(売掛金が支払われない場合に、お金の貸し借りとして契約する場合等に用いられます。)

強制執行認諾条件付公正証書とは
金銭消費貸借契約について「強制執行認諾文言」が入った公正証書を作成しておくと、借主が約束を守らない場合に、直ちに強制執行(差し押え)をすることができるという強い効力が与えられます。

担保とは
債務者が債務を履行しない場合に備えて債権者に提供されるものを担保といいます。

担保には、「人的担保」「物的担保」があります。
「人的担保」の代表例は、「保証人」です。
「物的担保」の代表例は、「留置権」、「先取特権」、「質権」、「抵当権」です。

約定担保物権・法定担保物権
法律に定められた要件を満たせば当然に成立する担保物権を、「法定担保物権」といいます。
「法定担保物権」には、「先取特権」、「留置権」があります。
当事者の合意によって設定される担保物権を、「約定担保物権」といいます。
「約定担保物権」には、「抵当権」、「質権」があります。



各種契約書(念書・覚書・覚え書き・合意書)の書き方・雛形(ひな形、ひな型)・テンプレート・フォーマット
TOP     総合目次     Link     プライバシーポリシー
  Copyright (C) 2008 契約書文例書式集  All Rights Reserved.
http://keiyaku.honami.info/